topics top



お住まいの耐震性に不安はありませんか?


簡単にチェックしてみましょう


日本の耐震設計の歴史


耐震補強設計/耐震改修設計


耐震改修工事に対する補助金制度


耐震診断・耐震補強設計の費用と補助制度


最後に


トピックス 耐震診断について

最後に

建築物に要求される重要な特性は2つあります。
1つは建築物は、居住者、入所者、または利用者にとって「生命の安全」を確保する場所でなければならないということです。建築物は「人を守る場所である」というのが、発生の根元にあります。つまり、建築物は存在し続ける以上、予想しうる震災被害に対して、それに耐えうる耐力を持っていなければなりません。倒壊した建物によって人が殺められるという事態は、建物の基本的な特性としてあってはならないことなのです。

もう1つは、安全を確保しつつ建築物は所有者にとって「資産として健全」なものでなければならないということです。阪神・淡路大震災において、旧耐震設計法で設計された建物の被害は、修復不能とされたものの大部分を占めています。もし皆様が資産としての建物を所有しているのならば、その建築物がどの程度の耐震性能を保有しているのかを把握することは、建物の資産性を理解するのと同じことなのです。

耐震診断はこうした建築物の保全と安心に対する有力な指標となることでしょう。


back

next