topics top



お住まいの耐震性に不安はありませんか?


簡単にチェックしてみましょう


日本の耐震設計の歴史


耐震補強設計/耐震改修設計


耐震改修工事に対する補助金制度


耐震診断・耐震補強設計の費用と補助制度


最後に


トピックス 耐震診断について

耐震補強設計/耐震改修設計

耐震診断の結果により耐震補強が必要であると判断された場合、耐震補強計画を作成します。その際、建物の現有保有耐力や構造特性により、補強計画も異なってきます。補強を行う際の主な方向性には、下記のようなものがあります。

1. 柱を太くする 
2. 柱に鋼管・カーボン材を巻き付ける
3. 耐震壁を増設する
4. 耐震ブレースを増設する
5. 腰壁を撤去する
6. スリットを入れる
7. 上記項目の組み合わせ
補強計画は、その建物の用途、現状の使用状況、補強後の使用方法等を考慮しながら進めることになります。例えば、ピロティが地震に弱いことが明確でも、通路部分に壁を設ければ建物への出入りに支障をきたすことになります。また、南壁面にブレースを入れれば、日照が少なくなり居室の快適性が損なわれます。そうした問題を1つ1つクリアし、建物の耐震強度を高めていくのが耐震補強設計なのです。

更に、耐震補強工事にともなう解体工事、設備工事、仕上げ工事を含めた改修工事として、全体の改修設計を行います。


back

next