topics top

賃貸住宅経営を始めるならば、今がチャンスです
賃貸住宅経営の特徴
節税対策としての賃貸住宅経営
賃貸住宅経営を成功させる付加価値と特色づくり
最後に


トピックス 賃貸住宅経営で土地の有効活用

賃貸住宅経営を始めるならば、今がチャンスです

一向に好転しない平成不況のもと、株価も地価も長く低迷を続けています。最近になり、株価は緩やかな上昇トレンドを迎えたものの、地価に関してはバブル前のレベルを割り込んだまま、相変わらずじりじりと下降線をたどっています。そうした状況の中で、土地活用を目的とした投資意欲も消極的になりがちなのが現状です。
しかし、土地の有効活用を目的とした賃貸住宅経営を開始するにあたって、今の社会環境は逆にチャンスと判断することができます。もし賃貸住宅経営について前向きに考えながらも、経済の停滞を理由に逡巡されているとしたら、とりあえず検討だけでも真剣にされてみてはいかがでしょうか? 今がチャンスだと提案する理由は次の要因です。

1. 有利な資金調達/
資金調達にあたって、史上例のないほどの低金利を利用することができます。

2. 施工コストの低減/
金利と同様に建設コストは、下限まで下がっています。バブル期に比べ、8割程度のコストで同グレードの建築物を造ることができます。

3. 根強い賃貸需要/
若い小規模世帯の増加により、東京・大阪・名古屋の三大都市圏での賃貸状況は根強い需要を見せています。また、将来、親の住宅を引き継ぐことができる”潜在持家層”が、都市部の気軽な賃貸住宅指向を見せているのも特徴です。

賃貸住宅経営を検討するにあたって、今という時代を考えたとき、その投資コスト(資金調達コストと建設コスト)は最低限のレベルにあり、需要も堅調という、極めてバランスの取れた状況にあります。マクロ経済の不安感に翻弄されずに、真剣に事業としての賃貸経営の可能性を考えてみて下さい。

topics top

next